wonderful car life
維持費と税金

自動車にかかる様々な税金

自動車を購入して維持保有していくためには、色々なお金がかかりますが、そんな中でも大きな負担になるのが各種税金です。
新車の購入の際にかかる取得税や重量税、毎年の自動車税など様々な税金が課せられています。
取得税は最初の購入の時だけですが、中古であっても高額な買い物の場合には発生することがあります。
重量税は最初だけではなく、その穂の車検毎に支払わねばなりません。
最近はエコカー減税の一環で大幅に減免されたり、その後も一定の割引のような税率が適用されたりと、エコカーに対する優遇が今も継続していますが、それでもユーザーにとっては大きな負担となります。
購入計画にあたっては、年間の必要経費や数年単位の維持、メンテナンス費用なども考慮したうえで種類や排気量を決めることがお薦めですが、排気量の大きさや、重量の違いなどで税金の金額も大きく異なりますので、事前にインターネットの検索で自動車に関する税金を調べておくことがお薦めです。

自動車の維持費、税金について

クルマを所有すると、様々な維持費がかかります。
一番大きいのはガソリン代です。
走れば走るほどガソリン代はかさみます。
ハイブリッドカーが人気なのは、このガソリン代を安く抑えることができるからにほかなりません。
では、クルマにあまり乗らなければ、維持費の負担を軽くすることができるのかというと、確かにガソリン代の負担は減らせますが、クルマに乗らなくても、維持費はその他にもいろいろと発生します。
その中でも大きいのは税金です。
自動車税と重量税の二つの税金があり、自動車税は1年に1回5月に請求があり、重量税は車検毎に2年分をまとめて支払います。
自動車税の金額は、エンジンの排気量によって異なり、排気量が大きくなるほど高くなってしまいます。
また重量税はクルマの重量によって金額が異なり、重量が重いほど高くなります。
排気量が大きいクルマは当然重量も重くなり、税の負担は増えます。
つまり、大きな高級車を所有するオーナーからは多くの税金を徴収するという仕組みです。

注目サイト

Last update:2016/7/28

copyright(c) 2015 「wonderful car life」 all rights reserved.