wonderful car life
中古車の年数と性能

中古車の年数と性能

運転免許証を取得する人が増えている今の時代では、すぐに乗りたいという人も多いものです。
本当に自動車がかなり普及している時代だからこそ、毎日の生活に欠かせない状態になっていたりするのです。
荷物が多かったり、バスや電車などが通っていないところに出かけるときなど、いろいろな場面で便利になります。
そういった車でも中古でリーズナブルに購入するというのもいいでしょう。
中古の価値としては、年式や年数、走行距離が関係してくるものです。
日本製のものではとても性能がよいといわれ、年数が経っていても、故障ひとつなく乗ることが出来る場合もありますし、あたりはずれもあるので、乗ってみないとわからないということもいえます。
しかしながら、本体価格を見ていくと、新車で購入するよりもとても安く、特に免許証を取ったばかりの人では気楽に乗ることができるものなのです。
このように、車に乗るにあたり、中古の場合では年数よりも走行距離が重要視されるような傾向にあるのです。

年数経過や車検と売却タイミング

クルマの価値は年数が経過するごとに下がっていきます。
そのためどのタイミングで売るかによって、売却価格に大きな差が生じることがあるので注意が必要です。
たとえば、クルマがモデルチェンジしてしまうと、急激に買取価格が下がってしまうことがあります。
それを避けるためには、モデルチェンジの情報が聞かれるようになったら、その前に買い替えを検討したほうが買取価格はお得になることが多いです。
また、クルマを売るタイミングで多いのは車検前です。
つまり、新車から年数が3年、5年、7年と経過したタイミングで売る人が多いです。
これはその時期で売ると高値で売ることができるからというのではなく、車検にかかる費用を考えてのことですが、しかし、この車検のタイミングばかりを意識しすぎると、その時点で欲しいと思えるクルマがない場合もあります。
無理やり欲しくもないクルマを購入するよりは、車検が残っても魅力的なクルマがあるときに買い替える方が後悔することがないでしょう。

Valuable information

最終更新日:2016/6/16

copyright(c) 2015 「wonderful car life」 all rights reserved.